田舎でインターネットのある暮らしをするのも一苦労

4月に今住んでいるところを引っ越すことになりました。引っ越しの経緯はいろいろあるんですが、ま、新しい家の持ち主は、今、熊野野菜ランチで野菜を購入させてもらっている勝子さんで、次は長く住めるんじゃないかと思ってます。

さて、ここで、引っ越しの準備で、インターネット回線を調べてみました。本宮に住んでいた時は辛うじて、softbankのADSLが使えたました。今住んでいる龍神では、家の持ち主のアカウントを使ってケーブルテレビのアイキスを契約していました。

今回住む地域で最も使われているアイキスに問い合わせをしてみました。すると、ネットを契約するのに、加入金と宅内工事費と事務手数料がかかるそうです。

事務手数料はどこでもかかりますし、工事費も他でもかかるんですが、加入金というものがあり、それぞれの詳細は下記になります。

加入金:30,000円
宅内工事費:22,000円
事務手数料:2,000円

と、合計「54,000円」もかかってしまうんです。
さらに、家まで回線が来てなかった場合、引込工事費59,000円がかかり、10万を超えます。

さすがに、それは使えないと思ったので、次に強いのではないかとNTTフレッツをあたってみることにしました。
本宮ではソフトバンクのADSLが使えたので、光はダメでもADSLが使えるのではないかと思い、エリアを調べてもらった結果、やはり、対象エリア外という返事をいただきました。

今度はドコモで同じようにADSLがないかを調べてもらったのですが、こちらも冷たくあしらわれてしまいました。

仕方ない、諦めて契約しようかと思っていたところ、知り合いがWIFIルーターでネットをつないでるということを知り、各キャリアのカバーエリアを調べてみたところ。

[各キャリアのカバーエリアについては下記を参考にしてください。]

ドコモ → ×
softbank → ◯
au → ◯

ということがわかりました。

格安SIMが普及し、今では30Gでも5〜6000円代で使うことができるので、これならいけるかなと思い、格安SIMの会社をいくつか調べてみました。

楽天モバイル → ドコモ回線
mineo → au、ドコモ回線
QTmbile → softbank、au、ドコモ回線
IIJmio → au、ドコモ回線

他にもいくつかあるのですが、ドコモ回線を使っていることが多く、さらに調べていくと、この2社がよさそうなことがわかってきました。

◆ U-mbile →安さが売り
https://umobile.jp/
特徴は、LTE使い放題のプランがあることです。ただし、このプランはドコモ回線のみ。また、知り合いはこのプランは遅くてイライラすると言っていたので、回線が不安定な可能性があります。softbank回線もあるのですが、iPhoneが対象で、プランも30Gで4,980円でした。

◆NEXT mobile →回線が格安SIMの会社と違い直接softbank
https://next-mobile.jp/
特徴は、softbank回線を直接使うことができるのに、softbank契約よりも安く使えるということです。また、今ならwifiルーターがタダ!いい事づくしのように思いますが、1点だけ注意が必要。それは、契約が初年度26ヶ月契約ということです。この契約期間に解除すると解除金が発生してしまいます。また、次の年も同じように1年更新のため、更新月以外は解除金が発生!長期で使う予定がある人にはいいと思いますが、長く使う可能性がない場合は注意が必要です。

とは言っても、初期54,000円よりはずっと安く、月々使うことが可能なので、NEXT mobileを契約することにしました。

ちなみに、一旦、契約して実際に使ってみた結果、エリア対象外であった場合は、8日間以内に解約の申し込みをすれば、解約することができます。自分の地域や家はどうなのかな?と心配な方には、嬉しい!

[初期解約について]
https://support.next-mobile.jp/cancel/about-initial-contract.php

私も実際に使ってみないことにはわからないので、実際に使ってみて、さらにレポートさせてもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です