続 地域おこしを辞めた理由

地域おこし協力隊を3月末に辞めて、もうすぐ6ヶ月目になろうとしています。
4月に投稿した記事に、未だにたくさんの人からコメントをいただいています。

前回の「地域おこし協力隊を辞めた理由」にはさまざまな立場からさまざまなご意見が寄せられました。そして、みなさんの意見は、田辺市の立場ある人たちにも見られているようです。直接、話はしてないのでなんとも言えませんし、正式な回答が寄せられたわけではないのですが、いろんな方からそういう噂を聞きましたが・・・。

はじめて会ったり、お話をする人に、「あー、あのブログの人ね」と言ってもらうことも多く、より助けてくれた人も、離れていった人もいますが、どちらかというと、助けてくれた人たちが多かったように感じます。

本宮のばあちゃんたちとは離れてしまったけど、未だに電話をもらったり、お菓子やパンを持って顔出しにいったりしていて、可愛がってもらってます。半年しか仕事はやってなかったけど、これは地域おこし協力隊をやっていたからだと思います。

そして今は行動範囲も、本宮、ちかつゆ、三川、龍神、田辺、串本、大阪とさらにいろいろなところへ行くようになりました。

いろいろありましたが結果的に、ブログを書いてよかったなと思っています。

そして、「コメントなりなんなり出したらどうでしょうか?」という意見があったので、半年経って、楽しくやっている今の現状をお伝えしようと思います。

田舎に暮らしていけるようになるには、まだまだで。今は、前のキャリアを活かしながら定期的な収入源を得てなんとか暮らせるようになってきましたが、もう少し地域の食や生産することに関わることができたらと今もいろいろ模索しています。

その中でいくつかはじめたことがあります。

①葉わさび畑はじめました

歳をとって、葉わさびの畑をやれなくなったので、やりませんか?と声をかけてもらって、来年の春収穫に向けて、畑をはじめました。御年87歳の大先生がいろいろ教えてくれます。先生の軽トラの隣に座っていると、いろいろな植物や先生の人生について話してくれます。今は、急斜面を登って、わさびの葉に肥料をあげたりしてます。黄緑色だったわさびの葉が、濃い緑色へと変わってきました。
この葉わさびは、販売もしていきたいと思っていますが、これをつかって周りにいる人たちと一緒に、お弁当やお寿司などを作れたらいいなと思ってます。

またその隣に山から採ってきたウドも植える予定です。ウドは3本が1年経つと6本に、2年経つと12本に、3年経つと24本にと増えていくそうです。

②ランチはじめました

日高川地域おこしの彼が獲った鹿肉や、合川ダム地域・富里といった山奥の地域のばあちゃんたちが育てた野菜を使って、田辺のゲストハウス あさりやさんで、毎週木曜日にランチをはじめました。ランチをはじめた目的は、地域おこし協力隊の頃から思っていた「ばあちゃんたちの野菜」や「この地域の美味しいもの」を知ってもらって食べてもらうこと。鹿肉を焼いたランチや鹿肉カレー、野菜スープを美味しいと言って食べてもらう、それをばあちゃんたちに伝える。そういうつながりの架け橋になれたらと思ってます。少しずつですが、新聞に掲載してもらったり、雑誌に掲載してもらったりしてもらえるようになりました。

③東京でキッチハイク(食のイベント)やりました

ランチだけでは和歌山限定になってしまうので、東京で和歌山の食を食べてもらう体験イベントをやりました。鹿肉や猪肉、ばあちゃんたちの野菜、串本の美味しいマグロの燻製などなど。今の和歌山の食を体験してもらうことで、興味を持ってもらったり、食材のネット販売につなげられたらと思ってます。思った以上に盛況だったので、次を企画してます。

[詳しくは下記]
東京で味わう和歌山!美味しいジビエと愉快なばあちゃんたちの味の濃い熊野野菜

と、いろいろなことをはじめてみましたが、私ひとりで出来ているわけではなく、たくさんの人たちが声をかけてくれたり、手伝ってくれたり、支えてくれたりしてくれてます。それは、地域おこし協力隊の頃からあまり変わりませんし、ありがたいことに増えました。

地域おこし協力隊だった頃より、楽しく、堅苦しくなく、自由に、たくさんの人とゆるゆると、いつの間にか前に進んでいる気がします。私には、この方が合っているようです。

「地域おこし協力隊」ってなんなんでしょうね?
この間、地域おこし協力隊の子が言っていた言葉です。

強い意志を持って来た子たちが、悩んでいたりします。もっと活動しやすく、もっと自由に楽しく、地域とともに歩める環境ができたらいいなと思います。それには地域で一緒にがんばってくれる人が必要であったり、やってみたいと思うことを柔軟にやらせてくれる行政のバックアップが必要だったりします。

3年という任期がありますが、私は3年間続けることがすべてではないと思います。地域おこし協力隊の人たちが自分たちの生業を作り、その地域に定住できれば、1年で辞めてしまってもいいのではないでしょうか?それよりも3年続けて、生業ができずに帰ってしまう、そんな残念なことにはなってほしくないなと思います。そうなってしまうことが一番の無駄なことのように私は感じます。

今の地域おこし協力隊は、本当に地域の為に、なっているのでしょうか?
生活をかけて移住してきた隊員の為に、なっているのでしょうか?

いろいろな立場で考え方があるかと思いますが、もっと3年後の定住の為に、必要な準備をするための理解や、彼らの活動への自由度が進んでくれることを願います。

たくさんのコメントをくれたみなさんへ、私は元気に忙しく、熊野の生活を生きています。

桜の名所!本宮に来たら七越峯へ

東京では桜がそろそろ満開なのではないでしょうか?
和歌山では、ちょっと遅咲きの桜が、ようやく咲きはじめました。
続きを読む 桜の名所!本宮に来たら七越峯へ